鉄道公安職員の職務に関する法律の制定とその背景

現在は鉄道警察隊という組織がJRの駅を中心に有りますが、国鉄時代には鉄道公安職員、「公安官」と呼ばれる国鉄職員がいました。 鉄道公安官は、法律第二百四十一号(昭二五・八・一〇)鉄道公安職員の職務に関する法律により定められたもので、国鉄職員として採用されて2年経たものから選考試験により採用され、あくまでも国鉄職員としての身分でした。 条文を参照しますと。 「日本国有鉄道の列車、停車場その他輸…

続きを読む