整備新幹線の元となった、全国新幹線鉄道整備法

現在、整備新幹線として、北陸新幹線、北海道新幹線、長崎新幹線(いずれも略称)が建設されていますが、現行の整備新幹線を簡単にまとめると 1)最高速度 260㎞/h 2)国が建設し、JRがその運行を受託する。(地方自治体も応分の負担) 3)JRは国に使用料という形で支払いをするがリースではないので将来JRの財産となることはない。 並行在来線は、原則として廃止もしくは第3セクターによる…

続きを読む

日本鉄道建設公団法 設置とその背景について考える

今回は、鉄道建設公団、現在の「鉄道建設・運輸施設整備支援機構」の前身の組織となります。 法律第三号(昭三九・二・二九)の「日本鉄道建設公団法」に基づき設立された法人で、昭和39年3月23日に国鉄と運輸省の出資で誕生しました。 鉄道建設公団の目的は、第1条を参照しますと。 第一条 日本鉄道建設公団は、鉄道新線の建設を推進することにより、鉄道交通網の整備を図り、もつて経済基盤の強化と地域格…

続きを読む

鉄道公安職員の職務に関する法律の制定とその背景

現在は鉄道警察隊という組織がJRの駅を中心に有りますが、国鉄時代には鉄道公安職員、「公安官」と呼ばれる国鉄職員がいました。 鉄道公安官は、法律第二百四十一号(昭二五・八・一〇)鉄道公安職員の職務に関する法律により定められたもので、国鉄職員として採用されて2年経たものから選考試験により採用され、あくまでも国鉄職員としての身分でした。 条文を参照しますと。 「日本国有鉄道の列車、停車場その他輸…

続きを読む