鉄道公安職員の職務に関する法律の制定とその背景

現在は鉄道警察隊という組織がJRの駅を中心に有りますが、国鉄時代には鉄道公安職員、「公安官」と呼ばれる国鉄職員がいました。 鉄道公安官は、法律第二百四十一号(昭二五・八・一〇)鉄道公安職員の職務に関する法律により定められたもので、国鉄職員として採用されて2年経たものから選考試験により採用され、あくまでも国鉄職員としての身分でした。 条文を参照しますと。 「日本国有鉄道の列車、停車場その他輸…

続きを読む

戦傷病者等の日本国有鉄道無賃乗車等に関する法律 制定とその背景

みなさんこんにちは、久々の更新させていただきます。 本日は昭和30年に制定された、傷痍軍人の無賃乗車に関する規程について簡単に解説を加えていこうと思います。 現在も、制度としては残っておりまして、法律も省令も現行です。 なお、この法令が適用されるのは、日本国有鉄道の法人格の流れを汲むJR旅客会社各社となります。 こうした法律が出来た背景には、占領中には軍人恩給の支給が停止されたうえ、本人…

続きを読む

踏切道改良促進法 制定とその背景

初めまして、こちらでは主に古い資料などを参考に法令の解説などを試みてみたいと思います。 内容的には固いので面白くないかもしれませんが、研究対象としてみていただければ幸いです。 第1回目は、踏切道改良促進法を取り上げてみたいとおkもいます。 戦後の経済の復興とともに、鉄道もスピードアップが行われるとともに、自動車も飛躍的に増加し、28年には、100万台を超えていきました。 しかし、それ…

続きを読む